高圧洗浄機の購入にアクセサリーは必要?種類と価格で比較してみた

高圧洗浄機は大きく分けて、専用のアクセサリーが別途販売されているタイプと、アクセサリーが同梱されているタイプと、利用用途が限定されている物があります。

三つのタイプを比較すると、アクセサリー同梱版はお得な価格で販売されている事が多いんですが、如何せん使用用途に困る物まで付属されているため収納に困るというデメリットがあります。

但し、使いようによっては屋根の上等手の届かない場所まで洗う事ができるので、同梱されている物によって購入するかを判断するほうが良いです。

一番便利なのがスプレータイプのヘッドで、これは車の下回りや動かすのに面倒な物置の間等通常のヘッドタイプでは洗浄できない場所を洗えるのでお勧めです。

このヘッドを使う場合本体の水圧が非常に重要で、水圧が低すぎるときっちり洗う事ができませんし細いノズルになっているので圧力を生かした洗浄ができなくなってしまうんです。

なのでスプレータイプのヘッドがついている高圧洗浄機に関しては水圧ができるだけ高い物購入するようにした方が良いです。

そして、汎用性が他のアクセサリーと比較して、最も高いブラシノズルも人気ヘッドタイプの一つです。

水圧の力とブラシの物理的な力で頑固な汚れを落とす事ができるので、このヘッドがアクセサリーとして付属または別売りされている高圧洗浄機に関してはある程度水圧が低くても綺麗に汚れを落とす事ができます。

さらにブラシタイプの中にはブラシのヘッドが回転する物が存在しているので、車のボディ等乾いた泥が蓄積しやすい場所を簡単にあらう事ができるようになっているんです。

回転ブラシの価格は回転ブラシのみの洗浄機だと安い物で1万円未満の物が多く、ヘッドのみを販売して本体は別途購入という形態の場合は5千円未満でヘッドが購入できます。

なのでヘッド付き同梱版が4万円程の価格に推移している点を考慮すれば、洗浄機の利用用途が限定的になっているのならばヘッドが交換できないタイプを購入するほうがお勧めです。

但し利用用途が機能が限定されていてヘッドが交換できないタイプは他の洗浄機と比較すると、水圧が低く設定されている事が多いので、頑固な低価格で頑固な汚れを落としたい場合は、自分の磨く力も洗浄力に加算できるブラシタイプを購入するようにしてください。

ブラシタイプと同じように、汎用性の高い機種としてデッキタイプも非常に便利なんです。

これは玄関やアスファルト等をがっつり磨く事ができ、水圧の高い高圧洗浄機を使用する事でさらに強力な洗浄効果が期待できるんです。

特に水圧が10Mpaくらいの洗浄機に関してはコンクリートにこびりついたガム等の粘着性のある物質まで除去できるので、これを使用すれば玄関が見違えるように綺麗になります。

ただ水圧があまりにも協力過ぎると洗浄する場所によっては傷をつけてしまう可能性があるので、水圧がコントロールできるヘッドを使う必要があります。

水圧がコントロールできるヘッドの代表としてテラスクリーナーというヘッドがあるんですが、これはブラシタイプよりも高額な物になっていてテラスクリーナーのみ使用できる洗浄機だと大体3万円程の価格になっています。

またヘッドが別売りのタイプでも1万円と高額になっているので、水圧のコントロール機能がない機種の多いテラスクリーナーのみの洗浄機の購入はお勧めできません。

反対にコンクリート等の固い物質のみしか洗わないのであれば水圧の高さは関係ないので、アクセサリーを別途購入できるタイプの物かヘッドが固定されているタイプを購入すると費用を抑えられるのでお勧めです。

特に回転ブラシタイプは多くの場所を洗える汎用性がある上に、頑固な汚れも落としやすいタイプなので一家に一台は持っておいて損はありません。

高圧洗浄機を価格で比較★私が決めたのはコレっ!のTOPページへ